日々なんとなく・・・ 4th.

matendman.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 27日

接続構成を弄ってみました。

PC内蔵のUSB1.1ポートをメインに使ってきたんですけど、せっかくUSB2.0を増設しているのですから
そちらを優先してみたくなり、機器の接続構成を変更してみました。
e0044675_738385.jpg


まずはインターフェイスカードのスロット移動をし、ドライバをカード付属のものからOS標準ドライバへ変更しました。
(インターフェイスカードの転送速度低下を、スロット移動とドライバ変更で解消出来たらいいなぁという淡い期待)

セルフパワードのUSB2.0ハブ(4ポート)には、

・増設ディスプレイアダプタ GX-DVI/U2
・複合機 MP950
・Webカメラ LifeCam VX-700
・無線LANインターフェイス WLI-UC-G

以上の4つを接続。
内蔵USBポートには速度に関係しないと思われる、

・トラックボール Morble Mouse USB
・充電ケーブル SIXAXIS用
・空き
(ワンセグチューナ DiTUNEは、ほとんど使ってないので撤去しました。)

といった感じに。

Webカメラと無線LANインターフェイスは同時使用しないのでハブに並べてもいいかなと思いました。
Webカメラは内蔵USBボートに接続した時よりも負荷が軽くなった気がしないでもないです。
転送速度に余裕が出たからでしょうか?気のせいかもしれませんね。

無線LANインターフェイスはスピード向上が目的なんですけど、接続テストは今晩にもやりたいですね。
Xlink Kaiに接続した際のフレームジャンプ軽減が目的なんですけど、どうでしょうか?
(アリーナへの接続までは確認しました。)





■追記 6/29 am00:33
Xlink Kaiでプレイしてみました。
懸念していた異常負荷状態は特に発生しませんでしたので良かったです。ドライバ変更が効いたのでしょうか?
システム負荷もボイスチャットをしながらで40~50%と、内蔵USBポート使用時と変化は無かったですね。
実際のゲーム内でのフレームジャンプは多少軽減してるのかな?って印象を持ちました。
ポート変更による不具合は得に感じませんでしたので、この状態で運用していこうと思います。
[PR]

by mat_endman | 2009-06-27 07:56 | コンピュータの話 | Comments(0)


<< IE8をインストールしました。      Webカメラ、買いますた。 >>