日々なんとなく・・・ 4th.

matendman.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 03日

LST-Xの小変更など。

ネットやTVなどから得たチューニングの安定方向への小変更を施してみました。
取り敢えずお金が掛からないので、やっとくかなぐらいの変更ですが。

1.トレモロユニット固定ネジの撤去
e0044675_947372.jpg


通常は6本でユニットが固定されているんですけど、両端の2本以外は外してしまいました。
アーミングの際のユニットの動きを良くすることでチューニングの安定に繋がるそうです。
フェンダーUSAのストラトキャスターも2本支持らしいので、いいんじゃないでしょうかね。

2.ストリングガイドの入れ替えと固定弦の変更
e0044675_951236.jpg


ストラトキャスターには1,2弦、3,4弦にストリングガイドが付いてるんですけど、ここの弦への抵抗もチューニングに
影響するんだとか。1弦のみガイドを通して、2,3,4弦は外してしまいました。
また、ストリングガイド自体も1,2弦用と3,4弦用を入れ替えてあります(ポストの高さが違う)。

3.ピックアップの高さ調整
e0044675_9541833.jpg


よっちゃん曰く、
「シングルコイルギターのチューニングが合いにくいのは、6弦がピックアップの磁力に引っ張られるから。
ピックアップの高さを6弦側を低くすることで、磁力の影響を押さえられる。」
なんてことをチャレンジホビーで語っていたので、実践してみました。
なんかホントなのかなぁ?って気がしないでもないですけどw

4.ナットのバリ取り
なんかスゲー適当なナットで、バリがもの凄かったので、デザインナイフでバリ取りしてます。
あと、不要になった4弦を使って溝を馴染ませてみました。

ということで、ちょっと手を入れてみました。愛着が湧いたりしますしね。
高いギターじゃ躊躇しちゃいますが、そんなものは全くありませんでしたw
[PR]

by mat_endman | 2010-07-03 10:04 | device達の話 | Comments(0)


<< カッティング      LST-Xを買ってみました。 >>