日々なんとなく・・・ 4th.

matendman.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 01日

Synergy 1.3.1

なんか面白そうだったのでデスクトップPCとTP570Eにインストールしてみました。
e0044675_9205851.jpg


キーボード+マウスのソフトウェア的切替器というんでしょうか。
TCP/IPで通信して切り替えるらしいです。

デスクトップPCをサーバ、TP570Eをクライアントに設定しました。

e0044675_9233145.jpg


写真下のキーボートとマウスを共有します。
デスクトップPCの画面でマウスカーソルを画面左端に持って行って尚も左に動かすとTP570Eの画面に遷移して
マウスカーソルが右端からピョコっと現れます。
戻る時は上の逆(TP570Eの右端に持っていくとデスックトップPCの左端に)を行うと戻ります。

設定も非常に簡単でした。
面白いソフトウェアですね。ウインドウを移動したりはできないんですけど、マルチモニタ的に使えますね。
しばらく使ってみようと思います。

ちなみにWindows版を使いましたが、Mac、Linuxにも対応しているそうです。



■追記 同日 pm05:48
TP570Eにubuntu8.04.1をクリーンインストールしてみました。

以前のバージョンでは無線LANカードのWLI-CB-G54HPは標準のドライバでは動かなくて、
ndiswrapperでWINDOWS用のドライバを使って動作させていたんですけど、
今回のVerでは制限付きドライバながらOSでサポートされていたのがちょっと驚きました。
これまでの面倒な作業が無くなったので歓迎なんですけどね。

ubuntuでもSynergyが動くんでインストールしたんですけど、どうもうまく自動起動させることができませんでした。
ん~、なんだろう?

■追記 10/2 am08:56
なんかよくわからないんですけど、今朝起動したらubuntuでSynergyが自動起動してました。
まぁ使えるんだから良しとしますか・・・(汗

以下メモです。


■クライアントとして自動起動

/etc/gdm/Init/Defaultを編集する
“sysmodmap=/etc/X11/Xmodmap”の直前に以下のコードを加える。
コード中の「address of server machine」はサーバ機のIPアドレス。
(例:$SYNERGYC 192.168.1.2)
SYNERGYC=`gdmwhich synergyc`
if [ x$SYNERGYC != x ] ; then
$SYNERGYC
  address of server machine
fi


/etc/gdm/PreSession/Defaultを編集する
“XSETROOT=`gdmwhich xsetroot`”の直前に以下のコードを加える。
SYNERGYC=`gdmwhich synergyc`
if [ x$SYNERGYC != x ] ; then
$SYNERGYC
  address of server machine
fi

[PR]

by mat_endman | 2008-10-01 09:33 | コンピュータの話 | Comments(2)
Commented by move on at 2008-10-02 00:01 x
PC同士はLANでつながっているだけなんですか?
Commented by mat_endman at 2008-10-02 05:40
そうです。デスクトップは有線、ノートは無線でLANに繋がってるだけです。
特別な外部機器なしでキーボードとマウスが共有出来ちゃいました。
結構便利でしたよ。


<< WINAMP Ver5.541      システムソフトウェアアップデート >>