日々なんとなく・・・ 4th.

matendman.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 19日

ファイルのエンコード

昨晩からネコネコと何回もパラメータやアスペクト比を調整しながらエンコードしています。
先日エンコーダをDivXに変更したんですけど、今一つキレイにエンコード出来なかったので、
試しにXvidでもエンコードしてみました。

エンコードを試して感じた点は以下に(自分の環境の場合ですが)。

1. 両者を較べるとエンコードにかかる時間はほぼ同じ。
2. 生成されるファイルサイズは圧倒的にXvidの方が小さい(パラメータ次第なんでしょうけど)。
3. 再生した感じ、Xvidの方がファイルサイズの割りにキレイ。
4. コレが大きいんですけど、両ファイルともLinkTheaterでもPS3でも再生可能。

「4」が成立するならば選択はXvidでもいいかなと。
DivXはパラメータをいろいろ変更してみたんですけど、Xvidレベルのファイルサイズで映像品質を同等に維持するパラメータを
見つけることが自分には出来ませんでした。

ということで、エンコーダはXvidに戻すことにしました。


ただねぇ、なんかOS(WinXP)が不安定なんですよね。いきなりフリーズしたりするんで。
再インストールした方がいいのかなぁ・・・。



■追記 同日 pm04:58
数をこなさないと忘れちゃうのでゴリゴリとエンコ中です。
デジタル放送がソースだと、ノイズリダクション系のフィルタを使わなくていいのでかなり時間が短縮できます。
使ってるのはリサイズフィルタだけです。
大まかにいうと、ソース時間の1.9倍くらいでしょうか>エンコ時間

■追記 同日 pm09:00
エンコードしたファイルの情報をmmname2で見てみました。
ビットレートは1.2Mくらいでしたね(QB指定でエンコしてるのでどのくらい割り振られてるのかわかりませんでした)。
MPEG-2ならガビガビ(w になるんでしょうけど、結構見れますね。
[PR]

by mat_endman | 2008-10-19 09:44 | コンピュータの話 | Comments(0)


<< 今日はファイルエンコは休みです。      5.00M33リリース >>