日々なんとなく・・・ 4th.

matendman.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 20日

AVCRECでDVD焼き焼き。

DMR-XW120でAVCRECディスクの作成を行ってみました。

AVCRECはDVDにハイビジョン画質のまま保存する方法です(レコーダが標準で対応しています)。

AVCRECを行うには、CPRM対応のDVD-RAM、DVD-R、DVD-R-DLが必要で、
かつ録画の前にメディアをAVCREC形式(UDF2.5?)でフォーマットしておかなければなりません。

e0044675_14302919.jpg


マニュアルを見ながらです・・・(汗
今回はCPRM対応のDVD-R(TDK製)を使いました。



録画可能な時間は録画モードによって異なります。ちなみにDVD-Rにはこの程度録画可能です。
DRモード = DVDには録画不可    放送波そのまま(MPEG2-TS)
HGモード = 42分            H.264 かなり綺麗
HXモード = 1時間5分         H.264 そこそこ綺麗(ライブは厳しい)
HEモード = 1時間40分        H.264 ドラマ程度なら余裕(ライブはブロックノイズがかなり気になる)

こんな感じかな?(-DLはだいたい倍の時間録画可能みたいです。)
DRモードでHDDへ録画することはほとんど無いですね。非常に容量を食いますので。
見て消すくらいならHEで十分、保存しときたいなってのはHXかな。放送時間にもよりますけど。

コピーワンスもダビング10も孫コピー(DVDからの複製)が出来ないように制限されているので、
おそろしくて海外の安物メディアには焼けません(w
読めなくなったら終わりですからね。

ライトワンスであるDVD-Rをフォーマットするってのがなんか抵抗あったんですけど、
考えてみればファイナライズするまでは追記も出来るわけで、普通の事なんですかね?

1枚焼いて手順を憶えたら後は楽勝に焼けました。
録画可能時間がねぇ・・・。再生互換もですけど。
基本的にAVCRECしちゃったらDIGAでしか再生出来ないと考えていいんじゃないですかね?
PS3で再生出来たらいいのになぁ・・・。SONYのレコーダが対応してないから無理でしょうね・・・。
[PR]

by mat_endman | 2008-10-20 14:59 | device達の話 | Comments(0)


<< なんとなく      今日はファイルエンコは休みです。 >>